当て屋の椿のネタバレ・感想!鳳仙の過去は何話に出てくる?

当て屋の椿 鳳仙 過去
スポンサーリンク

川下寛次先生の漫画「当て屋の椿」

この漫画の主人公は題名にも名を連ねている当て屋の[椿]と春画絵師の[鳳仙]

各話10話前後で構成されており、章の始まりは推理物を思わせる不可解な事件が起こり、それを何でも屋の椿が鳳仙を巻き込みつつも解決してゆくという流れですね。

この春画絵師の鳳仙の過去が壮絶と言われています。

鳳仙の過去は一体何話だったのか?

当て屋の椿のネタバレ・感想!鳳仙の過去は何話に出てくる?と題してお送りします。

 

スポンサーリンク

当て屋の椿のネタバレ・感想!

 

当て屋の椿は推理漫画のように思える導入だが各地の土着信仰に基づくものであったり、”人の理”から外れたゾクッとする内容であったりと現代トリックとは違った面白さがある。

青年誌での連載ということもあり、登場人物は毎回可愛らしく非常に肉付きの良いスタイルの女性が出てくることで、彼女はどうなってしまうのだろう、、、とようにこちらの感情も非常に揺さぶられる。

決してハッピーエンドで終わらないことでほどよいグロシーンも忘れていない。

むしろせっかくの美男美女なのに事件に巻き込まれ亡くなるときは これでもか! というほど凄惨な亡くなりかたをする。

それがただのエロ漫画でもなく丁寧で見やすいページが続いた次の見開きに急に表れたりするので、この漫画のスパイスとなり一度読み出すと癖になる面白さがある。

また、各事件のベースとなっているところに誰もが知っている[嘘ついたら針千本飲ます]の語源や[浦島太郎]をモチーフにした話である。

“人の理”の根底に言霊信仰や万葉集といったような誰もが耳にしたことはあるが成り立ちまで知らない日本古来の物語が紐解かれていくので、ありきたりな推理漫画に飽きた方や身近なテーマを扱いつつもゾクリとした背景に興味があるかたにはぜひともお薦めしたい作品です。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(当て屋の椿と検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

鳳仙の過去は何話に出てくる?

椿と共に人気の春画絵師の鳳仙

彼には壮絶な過去があったという話です。

その過去は第87話・88話前後に描かれています。

単行本だと11巻でしょうか。

少しだけネタバレ

鳳仙は由緒正しい凄い家でした。

弟もいた。

家族全員を巻き込む想像を絶する凄惨な事件。

彼のトラウマは深すぎる

 

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(当て屋の椿と検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

▼もっとお得な情報があるよ▼

実は・・

裏技を使うと、お好きな巻を無料で読むことが出来ます。

裏技と言っても怪しい方法ではありません。

みんなやってる方法です。

>>マンガを無料で読む方法はある

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です