奴隷遊戯は面白い?あらすじ感想・地下都市ソサエティとは?

奴隷遊戯 面白い
スポンサーリンク

奴隷遊戯(どれいゆうぎ)は、2017年から2019年11月まで連載されていた漫画です

個人的にはかなり面白い漫画だと思います。

あらすじと感想を紹介しますね

あくまで個人的な個人的な感想ですのでご了承をください。

 

スポンサーリンク

奴隷遊戯は面白い?

 

奴隷遊戯は主人公の「市原海」が「SLAVE GO」という謎のアプリを手に入れた事からとてつもなく大きな命がけの遊戯へと巻き込まれてしまう、という漫画だ。

序盤でSLAVE GOを使って遊んでいた海は、謎の地下都市「ソサエティ」に誘拐され、わけが分からないままそのアプリで捕まえて奴隷にしてしまった現実の人々を操作して戦わされる事になるのだが……

その最中に、海が指示を出している奴隷が、相手の奴隷の顎にナイフを突き刺し、脳天まで貫通させるという場面があり、大量の血がドバドバと吹き出す、こんな事をさせてまで「これは遊戯だ」と称するソサエティの人間に恐怖の感情を抱いてしまった。

その後、海は自分より前に連れ去られ行方不明になっていた幼馴染の「伊達凛奈」がソサエティのとある富豪に高額で落札されてしまった、という情報を聴いて彼女を助ける事を決意する。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(奴隷遊戯と検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

あらすじ感想・地下都市ソサエティとは?


そして、凛奈を助けるためには施設内だ使用できる通貨、1億デロスを稼がねばならず海は不本意ながらSLAVE GOを再び利用し、元プロレスラーの勅羅野烈とヤクザの有村架図志を奴隷として捕獲し、1億デロスを稼ぐための次の遊戯へと挑む。

今、この漫画のストーリーは第3の遊戯まで進んでいるが、第2の遊戯は新しく奴隷とした二人があっという間に敵を倒してデロスを手に入れしまう。

が、二人の敵を倒すやり方が元プロレスラーとヤクザだけあってかなりグロテスクで容赦のない描写が連続して出て来る。

海は一般人なのでその様な出来事を見てしまうと気分が悪そうにしていたり、「どうしてこんなことを……!」とソサエティの職員を睨む場面があるが、2人は恐れるよりもととても楽しそうな顔をしているのが印象的です。

ただ、話が進むにつれグロテスクな描写はだんだん増えていくので心臓の弱い方は注意して読んだ方が良さそうだなと感じました。

 

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(奴隷遊戯と検索すると出てきます)

 

 

▼もっとお得な情報があるよ▼

実は・・

裏技を使うと、お好きな巻を無料で読むことが出来ます。

裏技と言っても怪しい方法ではありません。

みんなやってる方法です。

>>マンガを無料で読む方法はある

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、奴隷遊戯は面白い?あらすじ感想・地下都市ソサエティとは?の記事でした。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です