エルフェンリートの意味と言語は?感想とあらすじも紹介

エルフィンリート 意味
スポンサーリンク

エルフェンリートはディクロニウスという角が生えた女の子がキーになっている現代を舞台にした作品です。

岡本倫先生による漫画で『週刊ヤングジャンプ』にて2002年より2005年まで連載されていました。

エルフェンリートの意味と言語、感想とあらすじも紹介します。

 

スポンサーリンク

エルフェンリートの意味と言語は?

 

エルフィンリートとは、ドイツ語で「エルフの歌」という訳です。

エルフというのは妖精あるいは小妖精と訳されることもあるので、「妖精の歌」という意味もあるのでしょう。

なぜ、このマンガのタイトルがエルフィンリートというのかは、作者の岡本倫さんがバンダイ社員として開発を担当した、ゲームの「時の国のエルフェンリート」から来てるとの事

 

時の国のエルフェンリート

時の国のエルフェンリートとは、1997年にバンダイから発売されたWindows95用ゲームです。

妖精を育成し、世代交代をさせながら女神に転生させることが目的のゲーム

エルフェンリートとは世界観が全く違う作品ですね。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(エルフェンリートと検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

エルフェンリートの感想とあらすじも紹介

主人公はディクロニウスの少女・ルーシー。

ディクロニウスは2本の角が生えている他、見えない手を使い物を動かしたり投げたりすることができ、それで人の体を切り裂いたり岩を高速でぶつけたりすることができます。

ディクロニウスは3歳になるとその超能力で親や周囲の人を殺しだすので研究所が保護するのですが、そこで研究動物として扱われ日常的にケガを負うよな実験をされたり、強力な力を持つ者は拘束された状態で長時間過ごさせられており、その様子がとても痛々しくてなりません。

しかし、多数のディクロニウスは女王的存在に仕える働きアリ的な存在で、その女王的存在であるルーシーの見えない手によりウイルスがまかれ、そのせいで生まれるようになります。

そのウイルスは男性にだけ感染するので、ディクロニウスの子が生まれたらその子を殺し、そしてその男親は去勢しなくてはなりません。

その時の男性の苦しむ様子がとても切ないです。

しかし、一番可哀そうに思えるのはルーシーで、彼女は幼い頃捨てられ、そして児童養護施設では角があることからいじめられています。

心を許した他の子にも裏切られ、超能力が覚醒したら人類を殺せという遺伝子からの声を聞きながら、それでも寂しく思い寄り添ってくれる者を探すところがとても切なくてなりません。

しかしそれゆえに彼女と一緒にいようと言える人間が現れたところは感動もので、ラストが最高なのでぜひ読んでもらいたい名作です。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(エルフェンリートと検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、エルフェンリートの意味と言語は?感想とあらすじも紹介の記事でした。

 

▼もっとお得な情報があるよ▼

実は・・

裏技を使うと、お好きな巻を無料で読むことが出来ます。

裏技と言っても怪しい方法ではありません。

みんなやってる方法です。

>>マンガを無料で読む方法はある

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です