半身浴ダイエット サウナのようなダイエット法

<サウナに近い環境で快適に過ごそう>

半身浴ダイエットは、普通の入浴と違い、汗をかくことが大切です。そのため、浴室を十分に温め、サウナのような状態にしてください。

冷えた浴室で半身浴を行うと、お湯に入っていない上半身も冷えていくため、うまく汗をかけなくなります。それでは、ダイエット効果が得られません。

冬は特に浴室が冷えるので、熱いシャワーでしっかりと温め、半身浴ダイエットに最適な環境を整えるようにしてください。

ヒートショックを防ぐ効果もあるので、心臓に余計な負担をかけないためにも、サウナの感覚を忘れないようにしましょう。
また、温度の調節も重要です。半身浴は、熱すぎないお湯に長めに浸かり、ジワジワと汗をかくことが大切です。

そのため、うまく調節して、ちょうどよい温度にしましょう。
おすすめは、38~39度です。それ以上にないように抑えておけば、ゆったりと快適な半身浴を続けることができます。

みぞおちから下半身までを30分くらい温め、汗をかいたら水分補給をしていきましょう。

何時間も入らず、のぼせないくらいの時間で終わらせることが、適切なダイエットのコツです。
また、アロマ系の入浴剤などを利用し、楽しく続けられる工夫をすることも大切です。

気持ちよく半身浴ができれば、積極的にダイエットに取り組むことができます。

<始める前の準備が大切>

たっぷり汗をかいてダイエット効果を高めるには、始める前に水分補給を行いましょう。30分くらい前に飲んでおくと、汗をかきやすくなります。いきなり始めても、なかなか汗が出ないことがあるので、事前の水分補給は忘れないようにしましょう。

ただし、冷たい水には気をつけてください。冷たすぎるものを飲むと、無駄に体を冷やしてしまう恐れがあります。

体に負担をかけないためには、白湯で補給するのがおすすめです。
また、食事と半身浴の時間が空くように、予定を調整することも大切です。これは、消化が悪くなることを防ぐためです。

食後は、胃腸に血液が集まることで活発に消化を行いますが、半身浴は血液を循環させてしまいます。

そのため、胃腸の分が足りなくなり、うまく消化できないことがあるのです。
そうした失敗を避けるには、1時間くらい間を空けてから半身浴を始めましょう。消化と半身浴をずらせば、体に負担はかかりません。

そして、アルコールを控えることも重要です。体が温まるとアルコールの循環が促進され、普段よりも酔いやすくなります。

そんな状態で半身浴を続けると、ときには具合が悪くなることもあるのです。
半身浴をするときには、なるべくアルコールの避け、安全にダイエットするための準備を整えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です