骨が腐るまで感想あらすじ!信太郎の父を埋めた小学生のその後は?

骨が腐るまで
スポンサーリンク

 

骨が腐るまで感想あらすじ!信太郎の父を埋めた小学生のその後は?を紹介します。

あくまで個人的な個人的な感想ですのでご了承をください。

大人気漫画の「骨が腐るまで」

それではネタバレ含みの感想です。

 

スポンサーリンク

骨が腐るまで感想あらすじ!

 

『骨が腐るまで』はサスペンス要素が絡む青春漫画だ。

主人公はリーダーシップはあるものの、地味な少年・信太郎。

そんな彼を中心として

才色兼備な美少女・椿

成績優秀・イケメン・生徒会長の明

元不良のわりに常識人な竜

そして男子に気の高い小悪魔な美少女・遥。

平凡な主人公を非凡なヒロインや友人たちが取り囲む、という少年漫画の王道の設定だな、という感想を当初は抱いた。

だが明らかに王道から外れている設定だ。

それが彼らが小学生のとき、信太郎の父を殺して洞窟に埋めた、という罪を共有していることだ。

彼らは罪の意識でつながった関係なのである。

そして、罪はいつかは暴かれる運命にある。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(骨が腐るまでと検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

信太郎の父を埋めた小学生のその後は?

高校生になった彼らに、彼らの罪を知っている何者かが脅迫をしてくるのだ。

その内容は皮肉にも、死体の解体だった。

ひとりでは大抵できないことを、友情で乗り切る。

そのさまは美しくもあり、グロテスクでもあった。

脅迫者の要求に応じたからといって、そこで恐怖は終わらない。

要求はしだいにエスカレートして、その過程で、彼らの秘密が暴かれていく。

 


いくらか性描写はあるが、エロい、というよりも痛々しいという印象が強かった。

なぜそう感じたかは、やはり主人公を取り込む彼らが皆「いい奴」だからだと思う。

幼く無垢だからこそ、罪の意識から逃れられず、また逃れるために無茶をしたり、一時の激情に逃避したりする。

そんな青春では当たり前のような光景が、「過去に犯した殺人」という1ピースで、見事にここまでグロくて痛々しくなっている。

展開の巧妙さに惹かれつつも、胸を痛めずには読めない作品だ。

 

無料で試し読みはこちら

eBookJapan

(骨が腐るまでと検索すると出てきます)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、骨が腐るまで感想あらすじ!信太郎の父を埋めた小学生のその後は?の記事でした。

 

 

▼もっとお得な情報があるよ▼

実は・・

裏技を使うと、お好きな巻を無料で読むことが出来ます。

裏技と言っても怪しい方法ではありません。

みんなやってる方法です。

>>マンガを無料で読む方法はある

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です