ジョギングでダイエット 無理をしない事が大切

<初心者は無理をしないことが大切>

ジョギングでダイエットをするときは、しっかり痩せるために、毎日走る計画を立てることがあります。

しかし、最初からハードルを上げるのはよくないので、無理はしないでください。

確かに毎日走るのは効果的な方法ですが、初心者向けではありません。

あまり運動をしてこなかった人が、無理やり毎日走ったりすると、すぐ挫折する可能性が高いのです。

これは、精神的な負担が大きすぎるためです。運動が習慣になっていない場合、軽く体を動かすだけでも、ストレスが大きくなったりします。

それを毎日続けて、どんどんストレスをため込んだのでは、継続することができません。

そうした失敗を避けるには、まず休みながら走るようにしましょう。

1日おきに走るようにすると、精神的な負担が軽減できるため、続けやすくなります。
1日おきでも苦しいようなら、週2回くらいでも構いません。

それでもつらいなら、ウォーキングに切り替え、徐々にジョギングまでステップアップしていく方法もおすすめです。
とにかく無理をせず、自分のペースで続けるようにしてください。それが、しっかり痩せるためのコツです。

<走る前に準備をしよう>

少しでもダイエット効果を上げるためには、いきなり走るのではなく、準備を丁寧に行うことが大切です。
まずやっておきたいのは、水を飲むことです。

水分補給は、走っている途中や走ったあとに行うイメージもありますが、事前に飲むことも忘れてはいけません。
水を飲むと血流がよくなるので、代謝が上がります。

すると、脂肪が燃焼しやすくなるため、ジョギングの効果を高めることができるのです。

脱水予防にもなるので、始める前には必ず飲むようにしましょう。

 

もうひとつは、ストレッチです。体を柔らかくすることも血流をスムーズにするため、脂肪燃焼につながっていきます。

怪我を防ぐためにも欠かせない準備なので、念入りに体をほぐしておいてください。
他には、筋トレもおすすめです。筋肉への刺激も代謝を上げる方法のひとつなので、腹筋やスクワットなどをしてから走ってみましょう。
ただし、初心者は気をつけてください。

運動に慣れていない人が走る前に筋トレをすると、そこでかなり疲れてしまい、ジョギングのストレスが大きくなる恐れがあります。
筋トレをしてから走る方法は、ある程度慣れたタイミングで、様子を見ながら試していくようにしましょう。

また、やりすぎにも注意してください。

筋肉をつけすぎると体重が増えるため、走りにくくなります。

それでも無理に続けた場合、膝に負担をかけすぎたことで、怪我をする可能性もあるのです。

うまく継続していくためには、あくまでも軽い筋トレを心がけるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です