納豆キムチダイエット 栄養も食物繊維もたんぱく質も取れて痩せる!

 

色々なダイエットがありますが、紹介するダイエットは納豆キムチダイエットという安価で続けやすいものです。

私はこれをしながら軽く体操などをし、やせやすい体質になりました。

納豆の栄養素

それぞれの栄養素としては、納豆から見ていくとビタミンビタミンB2が豊富で、エネルギーの代謝を助けてくれる、ダイエットにへ必要不可欠な栄養素が含まれています。

そして、食物繊維も豊富なため、帳の動きを活発にしてくれ、排便を促してくれるという機能があります。2つのメインである働きは、ダイエットをする上でとても重要視されているものなので、納豆だけでもいいんじゃないかと思ってしまうほどです。

 

キムチの栄養素

次にパートナーとなる、キムチの栄養素はどうでしょうか。

こちらには体内に蓄積された糖分を燃やしてくれる働きがあります。

キムチとは当然ですが辛いですよね。そして身体が、カーッと熱くなったりします。

汗をかく人もいると思いますが、カプサイシンが含まれていて、それこそが脂肪を燃やしてエネルギーへと変えてくれる大切な栄養素なのです。

美肌にもいいとされているキムチには利点が多いですが、口臭が気になる人にはなかなか難しい部分はあるかもしれません。

2つ合わさるとどんな効果が期待できるのか?

それでは、この二つを合わせるとどんなダイエット効果を期待できるのかになりますが、それぞれのもつ栄養素はもちろん、キムチが持つ乳酸菌が体内で善玉菌として活躍し、納豆の持つ納豆菌がその活躍を助けるといった構図が出来上がるのです。

ふたつとも発酵食品なので、腸内環境を整えるには一番の組み合わせにります。

腸内環境が整えば、ダイエットになりがちな便秘対策にもつながり、ダイエット効果が期待できるのです。しかも、キムチには脂肪を燃やしてくれるという嬉しい機能がついています。

体内から脂肪燃焼の栄養素をとるということもダイエットには、大切なポイントとなります。

二つを合わせた納豆キムチを食べるタイミングとしては、夜がおすすめです。

夕飯の時に、ご飯を食べる前に食べると満腹防止にも繋がります。

寝ている間に脂肪燃焼もされ、脂肪の分解にも一役買ってくれます。

夜に少量だったら、次の日に匂いはそこまで気にならず続けやすいのではと思います。

やってはいけないことは、加熱です。

ナットウキナーゼか熱に弱いため、効果が薄れてしまうのです。

可能ならそのまま食べた方が効果が期待できます。

自分に合った摂取方法で、長く続けることが成功への道となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です