東京喰種はどんな話?面白い?つまらない?感想も紹介

スポンサーリンク

東京喰種(トーキョーグール)は石田スイ先生のちょっとグロイ漫画

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2011年から連載されました。

発行部数は4700万部を突破している大人気の東京喰種

どんな内容で面白いのかつまらないのか?ネットの評判なども紹介します。

 

スポンサーリンク

東京喰種はどんな話?

東京喰種は人間しか主に食べることができない存在である喰種と人間同士の争いの漫画です。

主人公の金木研は人間の大学生であったものの、ある事故に遭い、そのときに喰種の臓器を移植されたことで、半喰種という非常の特殊な存在になります。

そこから喰種として生きていかないといけない金木の生活が始まるわけですが、最初は喰種である自分を全く受け入れることができなかったものの、徐々に喰種の自分に慣れ、心も身体も喰種になっていく様子が非常に分かりやすいです。

東京喰種では、金木を含めて多くの喰種が登場し、亜門鋼太朗や真戸呉緒など喰種を殲滅しようとする人間も存在します。

そういった喰種VS人間の争いが、実際に起きている戦争のような感じに見えてきて、フィクションとは思えない感覚になってくるのです。

喰種と人間同士の争いの中ではグロい描写も割と多くあり、残虐に感じるシーンもあります。

でも、そういうシーンを見ると実際の戦争の現場などもこういう感じなんだろうなと思えてくるのです。

喰種は人間を食べないといけない、人間は喰種に食べられるわけにはいかない、そういった双方の利益が真正面からぶつっての戦いなので、どちらも自分たちが正義だと思っているに違いないでしょうし、そこも含めて実際の戦争と同じだなと思えてきます。

単なる漫画というよりは、そういう社会について、現実について考えるきっかけになる作品という印象が強いです。

面白いと言える面もありますけど、そういう側面での魅力も感じられるのです。

 

スポンサーリンク

東京喰種は面白い?つまらない?

東京喰種は面白い?

スポンサーリンク

東京喰種はつまらない?

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、東京喰種はどんな話?面白い?つまらない?感想も紹介の記事でした。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です