主食を豆腐にチェンジダイエット

低カロリーな豆腐

やり方は至って簡単!毎食の主食を豆腐に変えるだけのダイエット方法です。

毎日食べる米、パン、麺類といった炭水化物は食事の中でも特にカロリーの高い食材です。

それを豆腐に変えるだけで大幅にカロリーを抑えることが出来るのです。

例えば米のカロリーは一杯約350カロリー、食パンやうどんは約300カロリーですが豆腐のカロリーは一丁まるごと食べてもたったの50カロリー。

毎食で換算すると約250〜300カロリー、1日で換算すると750〜900カロリーも抑えることが出来るのです。

 

さらに豆腐は白い食べ物なので、他の主食たちとも見た目の色が似ていたのも合間って視覚的にも慣れるのが早かった気がします。

私の場合、夏にこのダイエットをしていたため、喉越しが良いものを欲しており、主にきぬごし豆腐を用いていましたが、硬さがある木綿豆腐だとその分咀嚼回数も多くなり、さらに満腹感も得られることからダイエットにはより向いてると思います。

 

主食を変えればおかずはどんなものを食べても大丈夫

 

そして嬉しいところは主食を変えればおかずはどんなものを食べても大丈夫なところ!

揚げ物でも肉料理でも主食でカロリーを抑えているから気にすることなく好きなものを好きなだけ食べてOKなのです。

食事を全て変えるのは大変ですが1つのメニューだけ変えるならば負担も少ないですよね。

さらにダイエットは美味しくないと長くは続けられませんがら豆腐はもともと味も薄めなので、いつも主食と食べているようにどんなおかずと一緒に食べても美味しく食べれます。

また豆腐はどこでも手に入りやすく低価格な食材。それに加えて調理せずともそのまま食べれちゃうので始めるのも簡単!

私もコンビニやスーパーで約100円ほどで購入し、そのまま皿に移し食べるだけだったので簡単に始められました。

高い食材や手間のかかることだと途中で挫折したと思いますが、低コストで楽に出来たからこそ、続けられました。また、豆腐には低カロリー以外にもダイエットに最適な部分があります。

効果は低カロリーなこと以外にも

それは豆腐は大豆製品であり、イソフラボンという成分が沢山含まれているという部分です。

他の食事制限などのダイエット中はいつもと違った食生活で、栄養も偏るかとから、女性は特に肌荒れなど肌の調子の変化も気になってしまいます。

 

しかし、豆腐に含まれるイソフラボンは肌の調子を整える作用があり、ダイエット中でも肌の状態を保ってくれる効果があるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です