和食ダイエット 和食に変えるだけで痩せるって本当?

結婚して15kg太ってしまった主人。確かに食べる量も増えていましたし、いくら作っても足りないと言ってくるので作るがわのこちらも困っていました。コンビニ禁止にしてみたのですが、そうすると家で食べる量が増える一方です。

しかも好きなのが味が濃いものばかり。このままだと病気になるのでは?と思って食生活の改善をしました。

和食メインの食事に変更!

まず、食事のメインを和食にすることにしました。それまでは唐揚げだったり揚げ物ばかりを要求されていましたが、煮物だったり焼き魚、そして汁物を作るようにしていました。

便秘ぎみだと言っていたので汁物にはゴボウなど、便秘予防に効果的だと言われる根菜類をいれておくようにしていました。

節約の意味もありましたが、できるだけ旬な野菜を豊富にいれるようにしていました。

野菜ってよく噛まないといけないので、そこで満腹中枢が刺激されるのでは?と思ったのです。

また、味付けに関しても工夫しました。

私は薄味でも良いですが、主人は濃い味でないと食べたくないということも多かったので、しっかりだしをとって調味料は少なくても味が濃く感じられるように工夫をしました。

特に煮物に関しては効果的だったようで、煮物を作るととても喜んで食べてくれましたよ。

食べる順番も指導して改善!

それまでの主人は、食べる順番がバラバラでした。

ご飯の量に対しておかずがどれくらいあってと考えることもなかったですし、好きなものばかり食べて苦手なものは食べないなんてこともありました。

結婚当初から気になっていたことだったので、ダイエットという名目で考えを変えてもらうことにしたのです。

「食べる順番を変えるだけでもダイエットになるよ」そう伝えて、まずは汁物、そして次にサラダなどの副菜、メインのたんぱく質、そしてご飯などの炭水化物と指導しました。

すると、あんなに好き嫌いがあった主人がなんでも食べるようになったのです。

恐らく、大好きなお肉や魚を食べるためには食べないとたどり着かないことに気づいたのでしょう。

また、よく噛むようにも言いました。

最低でも20分かけて食べることをお願いしました。それよりも早かったら皿洗いなどのノルマを考えていましたね。

あっさり体重が落ちる!

それから数ヶ月たって、仕事のつなぎがゆるくなったと主人が喜んでいました。

体重をはからせるとなんと3kg近くマイナス!食べる量も減っていましたし、味付けを薄くしても文句を言わなくなりました。

何より便秘が解消されたようで、本人も大満足していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です